読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道に移住が決定しました【北海道移住日記#1】

f:id:george-gogo:20151217235144p:plain

どうもGeorgeです。

以前から話題の脱東京をして地方に移住することが決定しました。

 もうね、まさかこんな人生予想できませんよ。 
東京で生まれ育って、いろいろ苦労もしてきて
若い頃は「東京大好き」「東京以外ムリ!」なんて性格でしたからね。

最初にこの記事を書くにあたって(打っているんだけど)

僕自身、めっちゃくちゃ移住に関しては調べまくっています。
だって経験がないからね、雪とかじゃなくて、田舎が。

そして調べても調べても情報が少なすぎる!!!

  • どうしてこんなに空き家があるのに、売りにも賃貸情報にも載っていないの?
  • 地域のサイトとか有益な情報少ないけどなにやってんの?
  • 引っ越した日に玄関雪で埋まってないよね?どかしてくれてるんだよね…?

など、インターネットで調べられないことが多くて…
だから僕がこれからしばらく徹底的に紹介していきます。

すこしでも誰かの為になればと(なる。)。

移住の動機

一番の動機は妻の持病です。
これは結婚前から知っていたことですが、結婚当初は今の仕事にかけるから
落ち着いたら北海道に引っ越そう!
なんて言っていて、まだ先のことで現実視していなかったのです。

妻の病名は彼女のプライバシーなので割愛しますが
今年(2015)の春に体調が悪くなったんですよ。
そこで北海道に妻の実家があるから

病院の先生の意見と、彼女の意思、そして僕も辛い妻を見ているのは耐え難いものがあるので、実家に体調が回復するまでお世話になろう。

そう言って妻を送り出したのです。

僕の意識の変化

それから毎月1回か2回、僕は北海道に通う生活が始まりました。

もちろんスタートアップのまだ収益化に成功していない
小さなITベンチャー会社にいる僕はお金持ちではないので
毎月の飛行機代だって頑張ってますよ。(今度格安の飛行機レビューでもやるか!)

で、かれこれ半年以上通い旦那をやっているわけですが

いやぁこれが北海道に行くたびに好きになるんですよねー。

何が好きって、

  • 動物
  • 草原
  • 食べ物

などなど、いろいろですね。

これにはもう自分でも意外。(まじで)

花とかに興味持つなんて大人だなぁ、おれ。みたいな。

さらに、もともと飲食業をしていた僕は
北海道のただ普通のお店のランチに添えてある「プチトマト」の美味しさにビックリしちゃうのです。

よくさ

「回転寿しの魚ですらうまい!」

とか言うけど、それより僕は野菜に驚いた。

思わず椅子から転げ落ちて

「ん、ん、トマトちゃんんnnnnnんんまぁぁぁい♥」

 

 

とは言ってないんだけどね。(転げ落ちてもいないよ)

 

でも本当に何食べても素材が美味しいのです。

いや正直料理はトータルで言ったら東京のが美味しいですよ
あらゆるジャンルのお店があるからね。
だって多分インドの王宮料理専門店とかないもんね。(適当な例えです)

でもそんなの違う!
インドの王宮料理が食べたければ東京行きゃいいんだから。

毎日の普通の食卓の食事が美味しいな。幸せだろうな。住みたいな。早く住みたいな。

よし住もう。決定。

 

というわけですね。

それを決断したのが10月くらいかな?

移住の時期

2016年3月末か4月頭に、ついさっき決まりました。

当然まだ雪は積もっているみたい。

だから約1年間は妻と一緒に過ごしていない逆単身赴任の状態ですね。

 で、北海道のどこに移住すんの?

それはね、

砂川市!!!!!

 

知ってる?知らない人多いよね。

すごいネガティブな説明になっちゃうけど
今年の夏前にひどいひき逃げ事件があったところです。(これが一番耳にしている話題なんじゃないかな、砂川の方ゴメンなさい。)

f:id:george-gogo:20151217223624p:plain

砂川市を解説

面積 78.68km²
総人口 17,972
人口密度 228人/km²
平均所得 265万円

 Wikipediaより

 

約人口18000人って、東京ドームが55000人入るから、
東京ドームの3分の1か。すげーな東京ドーム。
ちなみに人口の少ない市ランキングで下から12番目でした。 

そんな小さな小さな市に移住します。

ワクワクが止まらないぜ。

まとめ

とにかく僕は新しい環境がとても楽しみです。
やっぱり人生いろいろあった方が面白いと思っている派なので。

この記事の冒頭で文句っぽいことを言いましたけれど
あれは文句ではなくて本当のことです。
本当に情報が少なくて困ってることがあるんです。

僕の後にも地球がある限り(ビッグスケール)誰かしらが移住しにくると思うので
ありのままの情報を伝えていけば
絶対その人たちのためになると、確信しています!!

 

妻の病気のおかげで素敵な町に出会えたことは、とてもラッキーなことだと解釈して
生活していくつもりです。
今後しばらくの間、「北海道移住日記」を更新していきます。
仕事や住居、生活に関してはどんどん記事を書いていこうと思います!

 

砂川のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

 

 

おしまい