読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを書き始めたらヒトのブログを読むようになりました。当たり前だけどね。

僕の話

f:id:george-gogo:20160118234515p:plain

この『急がば急いでまわれ』というブログを書き始めて、僕のインターネットとの付き合い方は大きく変わりました。僕がネットを開くときは必ず目的があるとき。目的もなくブラウジングをすることは0%と言えるくらいでした。

 "明日の天気予報"から"ミュージシャンのライブ情報"、"仕事のスキルや"、"日常の調べ物"。目的のないサイトには訪れることはありませんでした。

例えば今日のこの記事なんか絶対に見るとこはありません。

自宅での娯楽、暇つぶしは読書や映画、テレビ充分です。パソコンを開くときは必ず作業や勉強のみ。妻が好きな芸能人や、僕の知らない誰かのブログを毎日チェックしているのも、僕の興味をそそるキッカケとはなりませんでした。

僕とインターネット

パソコンが実家に来たのが小学生6年生の頃。誰も使い方が分からないので、必死に自分で調べて使っていました。小学生の僕には面白くなくすぐに飽きてしまいましたが。

携帯電話を持ったのが中学3年生の頃。日本で始めてカラー液晶が搭載した、『J-Phone』の端末でした。この頃からずっと携帯ガジェット系は大好きで、今でいうスマートフォンに変えたのも、使い方の質問に行ったdocomoショップの店員さんも使い方が分からない頃(2009年Googleフォン)。だからこそ、ネットで調べないと使えなかった。

その頃から、僕にとってインターネットは「辞書」や「質問」をする道具であり、娯楽のものではありませんでした。

しかし「へー、そうなんだ」「なるほど」の欲求を満たさないと気が済まない性格のため、僕の周りの人よりネットを開いている時間は多かったと思います。

このブログの本来の目的

僕の過去記事の傾向から分かると思いますが、”読んでもらえる”ように書いているんです。いや、当然みんなもそうだと思うのですが。なんていうのかな。自分の所感や日記を書いてはいないんです。自分の知識の共有であったり、情報の発信。

 もともと僕のこのブログは『北海道の移住』をメインコンテンツにしようと思っていて、でもまだ移住をしていないため(3月末)、『カスタム記事』や、『くだらないこと』ばかりを書いていますが。

田舎の情報は少ないので、僕の後に北海道に移住する人のためになりたいと本気で思っています。そして北海道に興味のない人にも北海道の記事を読んでもらうために、その他の記事も書いていこうと決めたのです。

ブログを始めて

ブログを始めて大きく変わったことは、人の記事をとにかく読むようになりました。当然最初は勉強のためです。「どんな記事を書いているのか」「何でこの人は人気者なのか」「自分には何が足りないか」。こんな目的でたくさんの記事を毎日毎日読んでいました。

すると僕は変わってきました。

面白いんですよ。ブログ。知らなかった、まじで。(わろた)

まったく興味のないことでも面白い。いや、面白い記事を書く人の記事が面白い。絶対自分じゃ買って読むことがない本のレビューや、他人の日常、ニュースの見解など。

自分の調べたいことしか検索をしない僕にとって、一生検索することのないキーワードの記事との出会い。

もはや読書だなって。知らない間にブログを読む楽しさ覚えたじゃんって。

これに昨日気がつきました。

僕は変わりたい

このブログの方向性とか、僕の性格を変えるんじゃなくて。読まれても恥ずかしくないブログにしたい。僕がたくさん人の記事を読んで面白いと思う人は、まず文章がうまい。日本語の使い方はもちろん、記事の構成力など。

今の僕のブログは何にもなくて薄っぺらい。文章力は真剣に書き続ければ少しは身につくと思うが、技術力は勉強しないと。

自分の記事を読み返すと情けないくらい滅茶苦茶です。

まとめ

こんなことにみなさんのブログを読んだおかげで気がつけたので、仕事の帰り道に『ブログの改行と段落』について勉強したので、さっそく意識して書いております。

普段は仕事でホームページやアプリを制作するのに、難しい「機械語」を使っているけれど、中身の「日本語」を使うのがこんなに難しいとは…。

本ブログで、初めて自分の気持ちを書く記事を書きました。まとまりもなく恥ずかしい文章ですが、これが今の自分の実力だと認知して、今後のために励んでいきたいと思います。

みなさま僕の新しい趣味、『ブログ鑑賞』のために、今後も楽しい記事をよろしくお願いします。

さて、明日のくだらない記事のためにPhotoshopをいじりますか。

おしまい。

 

※この記事を書きながら聞いた曲

お嫁においで2015/加山雄三 feat. PUNPEE

とくに好んでラップを聞くほうじゃないんだけど、なんとなくそんな夜もある。

この人、ものすごーく飲んだことある気がするんだよなぁ。昔。似ている人かもしれないけど。思い出せない。ま、どうでも良いか。