ブログの記事を「全文転載したい」って依頼がきたけど…

f:id:george-gogo:20170510223939p:plain

こんにちは、じょーじです。つい最近の出来事なんですが、このブログのある記事を「全文転載したい」との依頼メッセージを頂きました。「え?そんなことあるの?」と頭の中が疑問でいっぱいであります。まさかの全文転載ですからね、こんなの初めてお願いされました。

僕のブログは現時点で100記事も到達していないし、PVだってスゴイわけじゃないんだけど、ほぼ毎日検索から1000PV以上稼いでくれてる有り難ーい記事があります。その記事を転載したいと言ってきたわけです。

いや、とっても光栄なことだし、メッセージもとても丁寧だし。そもそも無断転載されるより全然マシだし。でもね…

僕に届いたメッセージ(一部伏字)

じょーじ 様

はじめまして。

○○と申します。

突然のメッセージで失礼いたします。

この度、弊社のウェブマガジン「○○」に、じょーじ様が執筆されている記事の転載許可を頂けないかと思いメッセージいたしました。

以下、該当の記事です。

ギター初心者におすすめ"Fコード"の出てこない簡単な曲
http://georges.hatenablog.jp/entry/beginner-guitar

ぜひわたしどもでも情報発信のお手伝いをできればと考えております。

転載させて頂いた記事は、弊社SNSでの配信や提携先のメディアなど通して積極的に情報を発信しており、著者の方からも「露出の機会が増えた」「アクセスが増加した」などのご高評を頂戴しております。

○○では日本の音楽シーンを少しでも盛り上げたい一心で、音楽が好きなユーザの役に立つ情報や各種エンタメ情報を、○○独自の視点で積極的に情報発信を行っています。

以下がサイトでございます。
○○○○

謝礼などはお出しできませんが、以下を記事と合わせて設置いたします。

・オリジナル記事へのリンク
・著者プロフィールや、お店のウェブサイト・ブログへのリンク
・YouTube動画の埋め込み
・アマゾン・アソシエイト

なお、誤字脱字があった場合の校正、タイトルは変更させていただく場合がございます。※内容はそのまま掲載します。

記事内でアマゾン・アソシエイトリンク掲載ご希望の場合は、お手数おかけしますが以下お願いします。

と、最後にご丁寧にamazonアソシエイトの手続き方法も書いてありました。

このメッセージ内容に書いてある通り音楽系のサイトです。Similarを使って大まかなPVを調べてみると、200万PVほどある大きなサイトでした。僕は知らなかったけど。

この方が言うメリット

僕にメッセージを下さった方がいうメリットを挙げてみると、

  • 人気サイトに転載されることで露出が増える
  • アクセスが増える
  • amazonリンクの貼るからお金入りますよ!
  • ブログも紹介します!
  • プロフィールも紹介します!

と言った具合ですかね。おいおい、良いことばっかりじゃないの!これは転載許可だ!
とはいかないよ?僕のディフェンス力を舐めたらいかん。

僕が思うたった一つのデメリット

  • Googleでの重複コンテンツの可能性

そう、僕が断る理由はたったこれだけ。これさえなければ完全ウェルカム。このブログ全然儲かってないし(悲しい)、露出が増えて読者やPVが上がれば嬉しいじゃないの。

しかし全文転載はダメだよ。

 重複コンテンツとは

その名の通り、全く同じ内容のサイトページが異なったURLで複数存在する状態のことを言います。とはいえインターネットの世界でコンテンツが重複するのは当然のことです。ニュース記事やネットショップの商品説明など、重複で溢れかえっています。

じゃあ別に重複しても良くない?というわけには行きません。

重複するとどうなるの?

完全にコンテンツが一致している場合、Googleに気に入られているサイトの方が上位に表示されます。さすがのGoogleもどっちが本物に記事を書いたサイトかは判別できないようです。

となると、今回僕に依頼をしてきたサイトは200万PVも持っているサイトなので、僕のサイトの記事が負ける気がするよね。そしてGoogleからの評価は記事ページ単位ではなく、サイトに対しての評価なのでブログ全体の評価が下がっちゃいます

仮に無断で記事をパクられたら通報したり警告すればいいわけですが、今回のようなケースで許可をしてしまったら自分のせいなので、オリジナルの記事を消さないといけなくなってしまうかもしれません。

というわけで断らせていただきます。

あくまで僕は断るという決断をしたわけで、送ってきたメッセージに書いてある通り本当にアクセスが増えるのかもしれません。でも僕は自分で書いた我が子のようにカワイイカワイイ記事とサイトにリスクを犯したくないだけです。

まとめ

やっぱ人気のブログだとこんな依頼は頻繁にくるのかな?初めてだから正直ドキドキしちゃった。

先方のサイトはおそらく僕に言ってきたように寄稿された記事で成り立っているサイトです。片っ端から寄稿している方のサイトを見てみたけど、微妙な感じのサイトが多く感じました。インターネット上でコンテンツを作っていく以上、Googleの言うことは聞かなきゃならないし、逆にGoogleの言うことを守っていくことが最良のコンテンツ作りへの最短距離だと思っています。まさに急がば急いでまわれってことだ。ま、僕の場合は遠回りし過ぎているんですけどね。とほほ。

おしまい。